TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

第1号 10代の性はいま

特集 10代の性はいま
■《鼎談》一〇代の性はいま
  大治朋子 高橋裕子 村瀬幸浩
■論文
  一〇代の性と生、考察 北村邦夫
  児童ポルノと子どもの人権 中井良次
  思春期の子どもと性被害 金子由美子
  世界の一〇代と性的自己決定 平野裕二
【現場からの報告】
  保健室から
  家裁調査官から
  電話相談から
  児童自立支援施設から
  思春期外来から
【レポート】
  若者とマスメディア
  原宿探訪
  同性愛って『フツーだよね』
  親・教師・警察官からみた一〇代の性と生
実践
■小学校
  科学的知識を支えに
    --生殖としての性交を学ぶ 西村須美子
■中学校
  「避妊と中絶」を自分のこととして考えよう
    --ロールプレイを通して自らの性のあり方を問う 樋上典子
■高校
  正しい情報を手元に
    --選択肢の一つとしてのピ- 寺尾由美
■障害児学校
  卒業後の笑顔が見たいから
    --自己肯定感を育てる性教育をめざして 田中紀子
連載・海外情報など
■連載
  HIV看護の現場から
  21世紀のジェンダー論
  日本的セクシュアリティ
  データを読む
  セクシュアルマイノリティ
  日本の性教育の歩み
  知的障害と性
  情報化社会と子どもの性
  めだかのメ
■海外情報
  スウェーデン/フランス/アメリカ/タイ/中国
■巻頭の言葉
  時代を切り拓く性教育へ 浅井春夫
  追悼・山本直英さん 高柳美知子
■寄稿論文
  子どもたちをとりまく消費文化 藤田民生

戻る