TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

第2号 “男らしさ”からの解放へ

特集 “男らしさ”からの解放へ
■《鼎談》共生をめぐる男の課題〈暴力〉を問う
  草柳和之 丹道弘子 村瀬幸浩
■論文
  “見えない”男性問題の危険 重川治樹
  北欧男性会議で“男”は何を語ったか 橋本紀子
  ED−男たちの苦悩 豊田正義
【現場からの報告】
  セックスカウンセリングから
  ケースワーカーから
  学校現場から
【レポート】
  バイアグラと男のセクシュアリティ
  男性の性と夫婦の関係
  ペニスは武器か?
  男の子に性の学習権を!
実践
■小学校
  ジェンダーフリーな感性を子どもたちに 千北充範
■中学校
  男らしさ・女らしさって?
    --固定化された性別役割をえるために 高橋勤子
■高校
  ジェンダーフリーとセクシュアルマイノリティ
    --TG教師が授業で自分を語る 宮崎留美子
■障害児学校
  父親をとり込み立派な人間に
    --広達の葛藤 笠原恭子
連載・海外情報など
■連載
  HIV看護の現場から
  21世紀のジェンダー論
  日本的セクシュアリティ
  データを読む
  セクシュアルマイノリティ
  日本の性教育の歩み
  知的障害と性
  情報化社会と子どもの性
  めだかのメ
■海外情報
  スウェーデン/フランス/アメリカ/タイ/中国
■焦点
  日本軍性奴隷を裁く 「女性国際戦犯法廷」 高柳美知子
■寄稿論文
  概論:日本のポピュラー音楽と女性ミュージシャン 華山弘泰

戻る