TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

第3号 子どもの育ちと性・ジェンダー

特集 子どもの育ちと性・ジェンダー
■《鼎談》子どもの育ち・性はどうなっているのか
  汐見稔幸 庄子晶子 村瀬幸浩
■論文
  ジェンダー再生産のメカニズム 形式的な機会均等からの脱却 朴木佳緒留
  性・ジェンダーのあり方と暮らしの選択 『事実婚』者の子どもの育ち 木全和巳
  性の自己決定能力獲得の課題 性とジェンダーの学習こそ 浅野富美枝
【現場からの報告】
  保育園から
  母親たちのセルフサポートグループから
  子を持つ障害者の会から
【レポート】
  これでいいの?校歌の歌詞は--校歌のジェンダーチェック
  男の子の育ちと包茎の悩み--岩室伸也さんをたずねる
  子どもとともに学ぶジェンダー
  絵本の中の男の子、女の子
実践
■小学校
  「男らしさ・女らしさ」そして「自分らしく」 木村せい子
■助産婦として
  小学校の性教育に参加して 坂本深雪
■障害児学校
  ふれあう性教育を求めて
    --子どもたちの意識を育むために 溝上浩司
■児童養護施設
  児童養護施設におけるジェンダー 太田敬志
連載・海外情報など
■連載
  HIV看護の現場から
  21世紀のジェンダー論
  日本的セクシュアリティ
  データを読む
  セクシュアルマイノリティ
  日本の性教育の歩み
  知的障害と性
  情報化社会と子どもの性
  めだかのメ
■海外情報
  スウェーデン/フランス/アメリカ/タイ/中国
■巻頭の言葉
  子どもの育ちに性的発達の視点を 浅井春夫
■焦点
  蘇る思想培養『新しい歴史教科書』 高柳美知子
■寄稿
  「性的少数者」という視点 都築正実

戻る