TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

第6号 カウンセリング・相談のなかの性

第一特集 カウンセリング・相談のなかの性
■《鼎談》「相談」から性の“これから”を考える
  金子和子・中井昌子・村瀬幸浩
■論文
  カウンセリングに見る性・家族の現在 武藤清栄
  カウンセリングとジェンダー 森川早苗
【報告】
  カウンセラー・・○○の相談日記 青空・・○○
  近親姦--箱庭で表現する心 大石仁美
  青少年の性問題をめぐって--少年相談所の現場から 遊間千秋
  悩み相談から見えてくるさまざまな性の実態  田中良
  大人の性の悩みの背景にある“育ち”  村瀬敦子
  家族と悩みを共有する困難--性的マイノリティからのメール相談 都築正美
第二特集 総合学習と性教育
■小学校
  総合的な学習に位置づけた性教育--「いのち」というテーマで合意づくり 二川政文
■小学校
  総合学習と性教育の位置づけ--“共に生きる力”をつけたい 背戸恵子
■中学校
  人間にとって性交とは--性と生を考える  三浦多桂子
■障害児学校
  安心できる時間・空間を求めて--快を土台とする性教育を学校全体で 井上千代子
■「総合学習」をイメージするための性教育の領域別の学習テーマ・課題・活動(表)
連載・海外情報など
■連載
  月に願いを
  データを読む
  クリニックにみる若者の性
  HIV感染症・AIDSの現状
  性教育実践のすすめ
  日本の性教育の歩み
  山本宣治を読む
  ジェンダーフリー教育の模索
  トランスジェンダー--カムアウトして生きる
  性的マイノリティ
  若者たちの声
  教育現場からみた現代の性・青年論
  障害児(者)の性
■海外情報
  オーストラリア/マラウイ/イギリス
■巻頭の言葉
  カウンセリングマインドを性教育実践に 浅井春夫
■焦点
  迷走する総合学習 鈴木正弘

戻る