TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

第26号 10代の妊娠・出産の”いま”

特集 10代の妊娠・出産の”いま”
【編集長対談】
 村嶋輝一郎さん「子どもの幸せのために共同し合う親の気持ち」
【特集対談】
10代の現実に目を向けた支援とは--ポジティブな”うねり”を受け止める
  鈴木幸子・金子由美子
●10代の妊娠・出産を見てきて
  河野美代子
●学校関係者が関わる10代の妊娠・出産支援の基本的な心構え
  金子由美子
●保健師が関わる10代で妊娠・出産した女性への支援
  渡辺好恵
●10代出産女性が利用できる社会福祉制度
  --産科医療機関での10代の妊娠・出産の支援
●ワンポイント性と生の話・女の子編・男の子編
  原田瑠美子・高橋裕子
【インタビュー】
 10代の妊娠・出産経験者が本音で語る!
  現代社会の”結”を探る--リアルなやさしさを求めて
第2特集 「生と性教育」実践のための有効な連携を考える
【助産師】
連携することの難しさと可能性
 川島広江
【養護教諭】
連携をすすめる上で大切なこと高校での実践から
 本橋紀子
【保健師】
保健所保健師と学校の連携について
 小林俊子・伊藤典子
【主任児童委員】
子どもが育ちやすい地域づくりをめざして
 西澤千賀子
【保護者】
「小学校での生と性教育」の実現に向けて--親として望むこと・できること
 堀めぐみ
報告・記事・その他
◆あなたは知ってる?!小悪魔ノススメ
  庵原理沙
◆シリーズ・障害児・者の性を知る
「わたしらしく暮らす」--「若竹通勤寮」と「わーくわく」の実践1
  林弥生
連載
◆データを読む
 2005年度調査児童・生徒の
 性東京都小学校・中学校・高等学校の性意識・性行動に関する調査報告
   渡辺大輔
◆セクシュアリティ4コマ劇場
  いらっしゃいま性!
◆楽しく、使える!教材・教具の作り方
   高橋幸子
◆リレー連載
  養護教諭の性の教育相談
◆子どもと創る保健室 ★新連載★
   大沼峰子
◆障害者と性とノーマライゼーション ★新連載★
   河原正実
◆幼児期にしたい性のお話Q&A ★新連載★
   浅井春夫
◆日本助産師会リレー連載
  助産師だから伝えられる生と性
   路野富子
◆トライな日々
   虎井まさ衛
◆セクシュアル・キッズと上手にコミュニケーション!
   太田佳代子
◆探訪”街角の保健室”
   関口久志
■焦点
   鈴木正弘
■育ちのなかの性
   村瀬幸浩
■外来でみる現代っ子の性
   北村邦夫
■性を大切にして生きる
   針間克己
■日本の性教育の歩み
   田代美江子
■医者が語る性のお話
   大下陸郎
■いま性教育をめぐって起きていること
   伊藤敬史
【海外情報】
 スウェーデン
   山崎明美
 アメリカ・メイン
   大藤恵子
 南アフリカ
   青木美由紀
インフォメーション
図書紹介

戻る