TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

第43号 「障害のある人たちの性と生」

特集  「障害のある人たちの性と生」
■《七生養護学校卒業生の座談会》
   もっと幸せになりたい!!
   恋に仕事に結婚、自分さがしはこれからが本番!!
    新井田恵子
■《編集長鼎談》障害児教育も性教育も子どもと向き合ってつくるもの
    日暮かをる・永野佑子・関口久志
■キーワードで綴る障害児・者の性と生
    任海園子
■〈しょうがい(Disability)〉のある人たちのセクシュアリティと自分らしく・人間らしく生きる権利
    ─「障害者権利条約」から確認できるいくつかのこと─
    木全和巳
■「生徒が主人公」の学校へ─性教育は障害児教育を変える─
    坂戸千明
■知的障害者が愛と性を語るとき─《劇団・ドキドキわくわく》に集う若者たちの姿から─
    土岐邦彦
■人生を大きく支える性と生の学び ─自閉症の娘とともに─
    進藤美左
■いのちの中核に性がある ─精神科医から見る性─
    岩田 俊
■「こころとからだの学習」裁判 いよいよ高裁の審理始まる!
    谷森櫻子
■《当事者が語る性》人間だから性を生きる
    小山内美智子
■《当事者が語る性》共存する生と性 ─葛藤からやすらぎ─
    澤佐景子
■知的障害者の子育て日記漫画『だいすき!!』制作の舞台裏
    岩間秀和
■障害児・者への性教育に参考になる絵本、図書
連載
●シリーズ連載 石川県の性と生
   飯森博子
●恋するみんなの携帯カフェ
   上村茂仁
●思春期の性非行・性暴力
   針間克己
●外来で見る現代っ子の性
   北村邦夫
●セクシュアル・マイノリティ リレートーク 虹の架け橋
   安藤裕貴
●それってジェンダー問題なんじゃない?
   田代美江子
●これ鑑た!映画紹介
   大塚 勝
●幼児期にしたい性のお話Q&A
   浅井春夫
●子どもと性 児童養護施設からのメッセージ
   佐々木 玄
●裁判の中の 性と生
   梅野正信
インフォメーション
図書紹介
◆表紙の写真
1995年、途上国の10代の女性たちが直面する早婚、望まない妊娠、性感染症などの問題提起を目的として3 カ国を取材した映像作品が作られた。写真はタイ北部、マエチャン郡での撮影のひとコマ。彼女のたくましくも美しい笑顔に思わずシャッターを切った。
撮影:吉野篤(ジョイセフ)

戻る