TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

『季刊セクシュアリティ』第49号 若者と性
     ─語る、求める、動く─

特集 若者と性 ─語る、求める、動く─
■《一橋大学学生座談会》性と愛をめぐる不安と学び─若者たちはいま
  村瀬幸浩、二村祐士朗、室崎雄斗、中尾杏奈、田中李歩
■自分をわかる学力・他者と関係性を築く学力 〜「性・人間・生きる」を学ぶ高校生たち
  丸山慶喜
■若者たちのいま ─構造改革時代の恋愛文化に焦点を当てて─
  中西新太郎
■若者の性行動活発化と教員養成教育の必要性〜日中の教員養成大学生の比較調査から〜
  数見隆生
■地域を支えネットワークする子育て支援活動とは
  対馬ルリ子
■《インタビュー》若者とデートDV
  関口久志
■《埼玉大学学生座談会》へだたりをつながりに―Rubbers のとりくみ―
  田代美江子、山本朋子、渡辺里美、楯 亜澄、瀧本耕平
■若者との共感=H 〜事業に関わる若者との共感>沽g組み、お金、環境
  まる
■《座談会》ゲイの若者が語り合う、これまでとこれから
  渡辺大輔
■障害のある青年たちの性のセミナーに取り組んで
  土井美穂
■電話相談の中 子どもたちの声に考える
  安達倭雅子
■性教育の成果を積み上げよう
  艮 香織
 
連載
●これ鑑た!映画紹介 大塚 勝
●絵本で伝える"性"と"生"
●夢うつつ 人生点描 村瀬幸浩
●思春期の性非行・性暴力 針間克己
●セクシュアル・マイノリティ リレートーク 虹の架け橋 塩安 九十九
●お母さんになるのが夢だった 小森淳子
●障害児・者の性と生 人と豊かに関わりたい 東みすゑ
●幼児期にしたい性のお話Q&A  浅井春夫
●【海外情報】アメリカレポート 大藤恵子

戻る