TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

『季刊セクシュアリティ』第51号
  性教育のこれまでとこれから
     ─性教恊設立30年と50号突破記念!

特集 性教育のこれまでとこれから
     ─性教恊設立30年と50号突破記念!
■性教育・ここからスタート
  早乙女智子・中野久恵
■セクシュアル・ライツと性教育をめぐる 世界の流れと日本のこれから
  池上清子・浅井春夫
■性教育は人格形成の根っこの学習─広がれ障害児の性教育
  茂木俊彦・永野佑子・日暮かをる
■性教育の行方を見つめる
  浅野富美枝・村瀬幸浩
論文
■性教育の使命とは何か─30年の歩みを通しての私の決意
  浅井春夫
■〈しょうがい〉のある子どもたちのねがいを受けとめる
           小さな実践の積み重ねのなかにある希望
  木全和巳
■社会の現実から性教育の課題と方向性を探る
  関口久志
■性教協の設立趣意書が書かれた背景─科学・人権・自立・共生の性教育への道のり─
  村瀬幸浩
年表
■"人間と性" 教育研究協議会30年史
論考
■歴史的な役割をもつ「こころとからだの学習」裁判・・東京高裁で結審
  窪田之喜
■新自由主義時代における性教育・ジェンダーバックラッシュ
  和田悠
コラム
■設立30年へのメッセージ
  池上千寿子/数見隆生/河野美代子/北村邦夫/鶴田敦子/虎井まさ衛/橋本紀子/堀口雅子
■『季刊セクシュアリティ』いまだから再読!
  浅井春夫/大戸ヨシ子/金子由美子/佐藤明子/関口久志/高橋裕子/田代美代子
  中野久恵/永野佑子/星野恵/村瀬幸浩/渡辺大輔
座談会
■《一橋大学学生座談会》性と愛をめぐる不安と学び─若者たちはいま【後編】
  村瀬幸浩、二村祐士朗、室崎雄斗、中尾杏奈、田中李歩
●絵本で伝える"性"と"生"

戻る