TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

性教育のミニガイド

1.まずすぐれた性教育の本を読み、講演会に参加し、公開授業を見学し、性教育に踏み込もう。
2.まず教科書にある月経・射精・妊娠・出産について「科学的に正しい知識」を身につけよう。
3.上のテーマについて同学年の同僚にわかりやすく説明し、感想と意見を聞こう。
4.さらに【自立と共生】の視点で性教育の本を「選び」、性教育の各テーマの理解度を深めよう。
5.職場や研究会に自分を「支え」、自分を「鍛え」てくれる仲間を見つけて、一緒に取り組もう。
6.子どもから最初の質問で、総合的な学習テーマである【赤ちゃんはどこから】の指導計画をつくり、実践しよう。
7.常に【性の学習権】は「子ども」にあることをベースにして、「楽しい」授業実践を構成し、評価しよう。
8.子どもにとって「よりすぐれた」教材教具を選び、自分でも「オリジナル」なものを楽しく創造してみよう。
9.【人間の性】を【人権】として見る理解をいっそう深めて、先達の実践からも学び、性教育の目標を明確にしよう。
10.【子どもへの対応と信頼の関係】をとおして、同僚と父母と管理職の支援を獲得しよう。

戻る