TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

『季刊セクシュアリティ』第44号 暴力なき“性”へ

特集 暴力なき“性”へ
■《編集長鼎談》性と暴力の「理解」
  杉浦ひとみ・小林美佳・関口久志
■若者の性暴力のかげで進む貧困─「人身売買システム」の現場から
  竹信三恵子
■子どもたちへの性暴力 “スクールセクハラ”
  入江直子
■セクシュアルマイノリティと暴力
  渡辺大輔
■日本軍「慰安婦」問題の今
  梁 澄 子
◆巻末パンフレット サヨナラ性暴力─キャンパスライフにおける性暴力防止のために
実践
■子どもたちの“いま”を見つめて
  細川歩美
■デートDV ─よりよい関係をくつるために
  高橋勤子
■生き物の観察から生命現象に感動する心を呼びもどす
  ─アカハライモリを使った発生の観察― 秋山繁治
■初めて被虐待児と向き合って─寄宿舎での取り組み─
  谷沢春美
連載
●シリーズ連載 石川県の性と生 中谷佳子
●恋するみんなの携帯カフェ 上村茂仁
●夢うつつ 人生点描 村瀬幸浩
●思春期の性非行・性暴力 針間克己
●セクシュアル・マイノリティ リレートーク 虹の架け橋 黒崎 涼
●お母さんになるのが夢だった 小森淳子
●障害児の性を発達的、肯定的に見ていこう! 永野佑子
●これ鑑た!映画紹介 大塚 勝
●幼児期にしたい性のお話Q&A  浅井春夫
●子どもと性 児童養護施設からのメッセージ 太田敬志
●裁判の中の性と生 梅野正信
●【海外情報】アメリカレポート 大藤恵子
●絵本で伝える“性”と“生” 大戸ヨシ子・星野 恵

戻る