TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

第37回全国夏期セミナー長野大会の第一報ができました。本要項の発表及び受付開始は4月末頃になります。

すべての人に性の学びを
〜『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』を活かした
                あらたな実践をひらく〜

大会テーマ
すべての人に性の学びを
〜『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』を活かしたあらたな実践をひらく〜
 現行憲法の平和的・民主的な諸原則が損なわれる危険が高まり、憲法をめぐるせめぎあいは、重大な段階に至っています。性と人権をめぐる分野でもせめぎあいが続けられてきましたが、刑法の性犯罪規定が110 年ぶりに改正されたことは重要な前進です。性を人権としてとらえ、法改正に取り組んだ諸団体・個人の努力が結実したのです。また、文科省はセクシュアルマイノリティ生徒の人権に言及する通知を出しました。
 一方、学校教育が性の問題を取り上げないために、子どもたちはAVやインターネットに氾濫しているフェイク(偽物)性情報から大きな影響を受けています。
2017年6月、『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』の日本語訳の出版が実現しました。これは、より良い実践を創造していくための確かな基盤となるものです。
 性教育バッシングの嵐のもとでも、全国各地で粘り強く性教育の実践が行われ、教職員はもちろん、医師、看護師、助産師、保健師、福祉関係者など幅広い人々が関わってきました。実践を続けてこられた皆さんが異口同音に述べるのは、子ども・青年・保護者等の性に関する悩みや深刻な実情と、「本当のことを知りたい」という要求の強さ、そして学んだ後の大きな変化です。ここにこそ私たちが包括的性教育を実践していく際の大切な立脚点があります。
 性についてきちんと学ぶことは、子どもたちをはじめとしたすべての人の権利です。包括的性教育は、からだに関する科学的な知識を獲得するにとどまらず、ジェンダーに対しても、人と人との関係性や人権と自由などについても、視野を広げてくれます。さまざまな場で性教育実践に携わる一人ひとりが主人公として共に学び、その成果を共有し合いましょう。そこで形成されるネットワークは、現状を変えていく力の一つとなるに違いありません。

会場及び参加費等
開催日 2018年 8月4日(土)〜 8月6日(月)
会場 4日・6日 JA長野県ビル(アクティホール)
5日 JA長野県ビル および 長野市生涯学習センター トイーゴ


参加費
  三日間 二日間 一日のみ
一般  9,000  8/4・5:6,500
 8/4・6:6,000
 8/5・6:6,500
 8/4:3,000
 8/5:4,000
 8/6:3,000
全国会員  8,000  8/4・5:5,500
 8/4・6:5,000
 8/5・6:5,500
 8/4:2,500
 8/5:3,500
 8/6:2,500
学生  一般:3,000
 全国会員:2,500
 中高生1,000
 一般:2,000
 全国会員:2,000
 中高生1,000
 各日にちとも
 一般:1,000
 全国会員:1,000
 中高生500

※「一般三日間」「全国会員三日間」に限り、1,000円の早期割引があります。
※上記に加えて事務手数料を100 円いただきます。
日程及びタイムテーブル
 
8/4(土)
8/5(日) 8/6(月)
11:00〜
受付 
12:00〜12:30
開会行事 
オープニングアトラクション
12:35〜13:05
基調報告
13:15〜14:45
記念講演 
15:00〜17:00
トーク&トーク 
17:10〜18:00
模擬授業&分科会の打ち合わせ
9:00〜12:00

模擬授業 




9:00〜
受け付け
9:20〜10:30
理論講座1
10:40〜11:50
理論講座2
12:00〜12:30
開会行事 
13:30〜16:30

テーマ別分科会





17:30〜

性教協定期総会
 
 

大会プログラム

8月4日(土)  JA長野県ビル(アクティホール)
12:00〜12:30
開会行事
開会行事

長野県独自のアトラクションで皆さんをお迎えできるよう検討中です。
12:35〜13:05
基調報告
杉田 真衣さん 首都大学東京教員・性教協本部幹事
すべての人の「性と生」が大切にされる社会にむけて、情勢を分析し課題を提起します。
13:15〜14:45
記念講演
テーマ
「共に変化を起こす −性暴力の理解と必要な支援−」
山本 潤(やまもと じゅん)さん
一般社団法人Spring代表理事
プロフィール:看護師・保健師。13歳から20歳まで実父からの性暴力に遭い、その後も様々なトラウマ症状に苦しむ。性暴力被害に向き合い勉強を始め、2007年SANE(性暴力被害者支援看護師)研修修了、2010年看護学修士取得。2008年より講演活動開始。NPO法人女性の安全と健康のための支援教育センター運営委員、日本フォレンンジック看護学会理事。
著書:『13歳「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル』(朝日新聞出版、2017年)性暴力を受けていた中学生当時から現在までの苦悩、消えては現れるトラウマ症状、周りの人たちとの軋轢。性暴力は一人の女性にどのような影響を残すのか。約30年にわたる葛藤と再生の記録。
15:00〜17:00
トーク&トーク
テーマ:すべての人に性の学びを
      〜子どもたちの現実から出発して大人たちへ〜

この企画は、さまざまな分野で活躍するスピーカーの方々からお話をうかがいながら、テーマを浮き彫りにしてゆくものです。
スピーカー
  田村 綾乃(たむら あやの)さん
:性教協長野サークル会員・性同一性障害(MtF)当事者。名前と戸籍の性別の変更を行い、2005年に結婚して現在に至る。当事者として講演活動を行っています。
  三村 慶子(みむら けいこ)さん
性教協長野サークル会員。松本市の中学校養護教諭。勤務経験は27年。保健室で生徒と性の問題に共に向き合い、教職員と連携した性教育に取り組んでいます。
  白澤 章子(しらさわ あきこ)さん
性教協長野サークル代表。40年間養護教諭として勤め、退職後地域の中にも保健室がほしいと2009年"川中島の保健室"(まちかど保健室)を始めました。相談、お茶のみサロン、本の貸し出し、講演など幅広い性教育実践をしています。長野県にはまちかど保健室が3つあり、各市町村に欲しいと考えています。
コーディネーター
   水野 哲夫(みずの てつお)さん
一橋大学等非常勤講師・性教協代表幹事・『季刊セクシュアリティ』副編集長
17:10〜18:00 <模擬授業&分科会の打ち合わせ>
二日目(5日)の授業者、発表者、司会者、コーディネーターの方々による打ち合わせです。

ページの先頭へ

8月5日(日)JA長野県ビル・長野市生涯学習センター
午前の部 (9:00〜12:00 ) 午後の部 (13:30〜16:30)
午前・午後で20個以上の模擬授業・分科会を準備します。
詳しいプログラム内容は、4月末に本要項に発表。
【模擬授業、テーマ別分科会、「あなたにフィットプログラム」のテーマ】
  思春期のからだとこころ/月経/射精/性の多様性/ジェンダー/女らしさ・男らしさ/デートDV・DV/人間関係・性・暴力/性の商品化/戦争と性 など
◆模擬授業 小学校/中学校/高校/障害児・者向けの性教育実践を授業形式で報告します。
◆テーマ別分科会 授業形式ではない総合的な実践報告をします。
◆「あなたにフィットプログラム」学校関係者だけでなく、若者、ビギナー、シニア世代等に必要とされるテーマを取り上げます。
性教協長野サークルが進めている三つの企画
  ◇「子どもを性被害から守る条例」の制定で子どもたちは守れるのか (分科会)
◇思春期ピアから広がる世界
  〜集まれピアっ子、元ピアっ子、あらたな仲間たち〜 (分科会)
◇おとなもこどもも子宮の中を体験しよう (実際にプールで行う体験型の模擬授業です)
*性教協の定期総会を5日17:30から行います。性教協会員の方はご参加ください。

ページの先頭へ

8月6日(月)JA長野県ビル(アクティホール)
 
 
9:00 受付
9:20〜10:30
理論講座1
「わたくし」を土台にした学校カリキュラムを考えていきませんか
  …"思考力を伸ばす"という上着の下に"心を支配する"という下着があらわになった今…
鶴田 敦子(つるた あつこ)さん
 「子どもと教科書全国ネット21」代表委員・元聖心女子大学教員
10:40〜11:50
理論講座2
時代の分岐点で性教育実践と研究運動を切り拓くために
 〜『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』と
           憲法を読み解きながら〜(仮題)
浅井 春夫(あさい はるお)さん
 性教協代表幹事・立教大学名誉教授
12:00〜12:30
閉会行事
・3日間のまとめ 長野大会実行委員会から
・2019年 第38回全国夏期セミナー開催地・京都の実行委員会から
※3日間を通して保育があります。詳細は本要項(4月末完成予定)のご案内をご覧ください。
※参加申し込み開始は4月末の予定です。
※宿泊場所は、大会参加と同時にお申し込みいただけます。大会参加のみのお申し込みもできます。

ページの先頭へ

お問い合わせ

 
■セミナーの内容についてのお問い合わせ
セミナーの内容についてのお問い合わせは『“人間と性”教育研究協議会(性教協)本部・事務局』にお問い合わせください。

一般社団法人“人間と性”教育研究協議会(性教協)本部・事務局
〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目7番16号 初台ハイツ1006号
TEL 03-3379-7556  FAX 03-3379-7561
※電話は火・木曜日の午後5時〜8時に受け付けています。
お急ぎの場合は、FAXにて用件をお知らせください。(24時間常時受付)

ページの先頭へ

戻る